縁器屋

会津木綿-HARAPPA

すべての商品
カテゴリー
マグカップ&ソーサー
飯碗・汁椀
プレート・平皿
深皿・ボウル・小鉢
タンブラー
グラス
湯呑み
急須・土瓶
ふきん・布もの
酒器
箸・カトラリー・箸置き
台所のもの
インテリア
アクセサリー
ブランド
IKKON
黒照
メーカー
小石原焼-圭秀窯
小石原焼-鶴見窯
小石原焼-カネハ窯
小石原焼-マルワ窯
小石原焼-マルダイ窯
小石原焼-ヤママル窯
高取焼宗家
大堀相馬焼-松永窯
大堀相馬焼-いかりや窯
大堀相馬焼-京月窯
大堀相馬焼-陶吉郎窯
有田焼-幸楽窯
会津木綿-HARAPPA
南部鉄器-oigen
雄勝硯
tonono
琉球ガラス-グラスアート藍
陶芸作家-近藤賢
工芸作家-田中若葉
山中漆器-浅田漆器工芸
ハンドメイドガラス-アトリエiriser
産地
岩手県-南部鉄器
宮城県-雄勝硯
福島県-会津木綿
福島県-大堀相馬焼
岐阜県-tonono
福岡県-小石原焼
福岡県-高取焼
佐賀県-有田焼
沖縄県-琉球ガラス
石川県-山中漆器
福島県-ハンドメイドガラス
特集
父の日ギフト特集
母の日ギフト特集
動画メッセージカード
おうち時間をちょっと楽しく
新生活応援特集
鍋特集
ギャザリング特集
基本の器はじめの一式
人気商品ランキング
縁器屋のクリスマス
ほっと一息コーヒーカップ
たくさん迷う箸置
飯碗特集
なんでも使えるプレート
あるとちょっと良いもの
誕生日
退職祝い
結婚祝い・記念日
ちょっとしたプレゼント
テーブルから夏を楽しむ
縁器屋LINE公式アカウント
会津木綿

使い込むほど馴染む布

会津木綿は400年の歴史のある福島県会津地方の伝統工芸品です。
厚手で丈夫、肌合いも良く、保湿性・吸汗性にも優れていたため主に日常着や野良着に使用されていました。
また、素朴ながらも美しい地縞も魅力の一つです。

会津木綿

会津木綿とは?

実用性が高く丈夫なのが特徴の会津木綿は、使い始めは固い印象ですが、
使い込むほど柔らかくなり肌触りもよくなり、洗うほど味が出て人に馴染む布です。
昔は主に衣類に使われてましたが、現代ではキッチン用品や小物類などに幅広く利用され、
気軽に会津木綿の肌触りを楽しめるようになっています。

会津木綿

縞柄を見ればどの土地かわかる

織り生地に現れる縞模様は地方ごとに特徴があり、「縞柄を見れば、どの土地の人かわかる」と言われるほどです。
色んな色の糸を並べ重ねることで仕上がる会津木綿の独特な縞模様。
会津は古くから藍の生産が盛んであり、濃い藍と淡い藍の糸を組み合わせて多彩な種類の縞模様を作りました。
現代ではさらに様々な色の糸を組み合わせる事も可能になりました。
会津木綿といえばすっと筋が通った素朴な縞模様が特徴。
会津木綿独特の縞模様をぜひ手にとって目で見てお楽しみ下さい。

会津木綿

HARAPPA(はらっぱ)とは?

株式会社はらっぱは、会津若松で120年の歴史を持つ織元「原山織物工場」を継承するために2015年に設立されました。
織物を愛する色んな方々の協力を得て、会津木綿の再現と復活に邁進しています。
原山織物工場が守ってきた会津木綿の伝統と常に新しいことにチャレンジする姿勢をそのままに、新商品の開発にも取り組んでいます。
丈夫さと風合い、ちょっと渋めの色柄が特徴です。

会津木綿

受け継がれる伝統

昭和30年以降、農家の仕事着としての会津木綿の需要は減少しましたが、
HARAPPAではキッチン用品や小物類など会津木綿の特性を生かした製品を生み出し、現代でも会津木綿の伝統を守っています。
こちらでは70年以上前に作られた豊田式織機が現役で活躍しています。


  • 1
LINE友だち追加