縁器屋

福島県-大堀相馬焼

すべての商品
カテゴリー
グラス
タンブラー
マグカップ&ソーサー
酒器
湯呑み
急須・土瓶
飯碗・汁椀
プレート・平皿
深皿・ボウル・小鉢
豆皿
箸・カトラリー・箸置き
ストロー
ふきん・布もの
台所のもの
ガラスのうつわ
インテリア
アクセサリー
ギフトオプション
ブランド
IKKON
黒照
メーカー
小石原焼-圭秀窯
小石原焼-鶴見窯
小石原焼-カネハ窯
小石原焼-マルワ窯
小石原焼-マルダイ窯
小石原焼-ヤママル窯
高取焼宗家
大堀相馬焼-松永窯
大堀相馬焼-いかりや窯
大堀相馬焼-京月窯
大堀相馬焼-陶吉郎窯
有田焼-幸楽窯
会津木綿-HARAPPA
南部鉄器-oigen
雄勝硯
tonono
琉球ガラス-グラスアート藍
陶芸作家-近藤賢
工芸作家-田中若葉
山中漆器-浅田漆器工芸
ハンドメイドガラス-iriser
産地
岩手県-南部鉄器
宮城県-雄勝硯
福島県-会津木綿
福島県-大堀相馬焼
岐阜県-tonono
福岡県-小石原焼
福岡県-高取焼
佐賀県-有田焼
沖縄県-琉球ガラス
石川県-山中漆器
福島県-ハンドメイドガラス
特集
父の日ギフト特集
母の日ギフト特集
動画メッセージカード
おうち時間をちょっと楽しく
新生活応援特集
鍋特集
ギャザリング特集
基本の器はじめの一式
人気商品ランキング
縁器屋のクリスマス
お気に入りのマグカップ
たくさん迷う箸置
飯碗特集
なんでも使えるプレート
あるとちょっと良いもの
誕生日
退職祝い
結婚祝い・記念日
ちょっとしたプレゼント
テーブルから夏を楽しむ
縁器屋LINE公式アカウント
ご購入者プレゼント
縁器屋のバイヤー・スタッフセレクション
金継ぎサービス
敬老の日特集
大堀相馬焼

300年以上続く指定伝統工芸品。福島の大堀相馬焼

大堀相馬焼は、1690年から現在の福島県浪江町を中心に生産され続けている焼物の総称です。
震災により一帯への立ち入りが制限されたため素材の確保ができず、ー時は存続も危ぶまれる事態となりましたが、各所との連携、協力により復活を成し遂げました。 現在は海外での展示会へ出展するなど精力的に活動し、多くの方に知られるよう努めています。

大堀相馬焼の特徴

  • 1.馬の絵

    現在の浪江町周辺をかつて治めていた相馬藩の「御神馬」を描いたもので、狩野派の筆法といわれます。熟練の筆使いで描かれた「走り駒」は「左馬」とも呼ばれ、「右に出るものがない」という意味から縁起が良いとされてきました。

  • 2.ひび割れ

    素材と釉薬との収縮率の違いから生じる 貫入(かんにゅう)というひび割れが器全体に拡がって、「青ひび」と呼ばれる地模様になっています。このひびが入るときに出る「貫入音」は、 「うつくしまの音 30景」にも選ばれた繊細で美しい音です。

  • 3.二重焼き

    二重の構造は大堀相馬焼独特の技法です。入れた湯が覚めにくく、手に持っても熱くありません。人々の生活に溶けこんだ器として、使いやすいように創意工夫が重ねられた結果、生み出された技です。

各窯元がオリジナリティある作品を作陶しています。

  • 圭秀窯
  • 鶴見窯
  • マルワ窯
  • マルダイ窯

LINE友だち追加